カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

【NZセントラルオタゴ産プレミアムピノ】 アミスフィールド  ピノ・ノワール2014



アミスフィールド・ワインカンパニーは、セントラル・オタゴのダンスタン湖近郊にある自社畑で栽培された葡萄を用い、上質なピノ・ノワールとアロマティックな白ワインを生産するワイナリーとして非常に高く評価されています。また、セントラル・オタゴが位置する雄大なピサ山脈はとても美しい景観とともに、世界で最も魅力的なワイン生産地のひとつとしても知られています。

2012年で、設立10回目のヴィンテージを迎えたアミスフィールド。
ワイナリー施設と畑はセントラル・オタゴ地方、ピサ・レンジの麓、クロムウエルの町の近郊に位置するレイク・ダンスタンの西側、標高230mの場所に位置しています。その高い標高に加えて南緯45度という最高品質のワインを造り出すには最適で、高い緯度がもたらす冷涼な気候と、長い葡萄の生育期間が、高い凝縮度を持つワインを産んでいるのです。

アミスフィールドの名を冠するワインに用いられるのは、全て自社畑産の葡萄です。サステイナブル認証を受けたシスト土壌の畑では、異なるクローンのピノ・ノワールを中心に、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング、ピノ・グリが栽培されています。



2014年4月13日ニュージーランド訪問中の英国王室ウィリアム王子とキャサリン妃がアミスフィールドを訪問され、ピノ・ノワールを試飲されました。

■サステイナブル



アミスフィールドのシングル・ヴィンヤード・ワインは、同社のワイン造りにおける哲学 「素晴らしいワインは ‘Grown Not Made’(造るのではなく、育む)」が顕著に現れています。サステイナブル・マネージメントの実践は、環境保護に寄与するだけでなく、世界でひとつだけのテロワールを守りそれを忠実にワインに表現することに繋がっています。

【NZセントラルオタゴ産プレミアムピノ】 アミスフィールド  ピノ・ノワール2014

メーカー:アミスフィールド
型番:G3017
参考小売価格:
5,292円(税込)
価格:

4,860円 (税込)

[ポイント還元 243ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■ 商品説明

ニュージーランドの南島セントラル・オタゴ産のプレミアムピノ・ノワールです。色合いは深く暗みがかったルビー色で、その香りの個性は、ダーク・チェリー、プラム等の黒い果実と、スミレの花の華やかさ、そしてモカ・コーヒーとスパイスのような複雑さが特徴です。

■ 商品仕様

製品名アミスフィールド  ピノ・ノワール
型番G3017
メーカーアミスフィールド
製造年2014年



丁寧に手摘みで収穫された葡萄は除梗後、全房のまま自然酵母で発酵されます。醸造に用いられるステンレスタンクは2種類の形状があり、角型のタンクは熟した葡萄の豊かな果実風味や、パワフルな個性を得るために使用されます。一方、小さめの円筒形タンクは、ブドウの持つエレガントな風味を得るために使われます。発酵完了後も葡萄と一緒に醸される事で複雑な個性を得たワインは、温度と湿度を管理された地下ワインセラーにて、フランス産オーク樽で18ヵ月の間寝かされます。

色合いは深く暗みがかったルビー色のワインで、複雑な地層からもたらされる繊細なアロマは、ダーク・チェリー、プラム等の黒い果実と、スミレの花の華やかさ、そしてモカ・コーヒーとスパイスのような複雑さが特徴です。味わいは凝縮感のある果実味と非常に滑らかな触感。長く複雑な余韻を持つこのワインは8年程の熟成ポテンシャルを持っています。

【産地】 セントラル・オタゴ(ロウバーン地区)
【品種】 ピノ・ノワール 100%(自社畑産100%)
【スタイル】 赤/ミディアムボディ
【アルコール度】 14.0度
【容量】 750ml/スクリューキャップ仕様

関連商品

[ アミスフィールド ] ソーヴィニヨン・ブラン 2014

参考小売価格: 3,780円(税込)
3,420円(税込)
輝く淡い黄色のワインの香りは、パッションフルーツと緑の芝生の様な新鮮な個性と、上品なヴァニラの複雑さを合わせ持っています。味わいはしっかりとした酸味とミネラル感と共に、クリーミーな触感が特徴です。

ページトップへ